練馬区の歯医者【山室歯科医院】練馬駅・新江古田駅 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・口腔外科

一般歯科
General Dentistry

一般歯科:なるべく痛みを感じさせない治療

簡単に言えば虫歯の治療です。虫歯の進行具合によって治療の内容が変わります。

具体的には、神経まで進んでいない比較的軽い虫歯の場合は、悪い部位だけ取り除き白い詰め物で詰めたり、型をとって金属を被せたりします。

虫歯が深ければ、神経をとる根の治療をします。
その後、被せ物をします。
歯周病や更に重度の虫歯で歯を抜くこともありますが、歯がないところにいれるのが義歯あるいはブリッジです。

この二つの違いを簡単にご説明すると、ご自分で取り外しができるものが義歯、被せ物同様、セメント(接着剤)で歯につけて取れなくするものがブリッジです。

尚、これらの治療に欠かせないのが無痛治療です。歯医者さんは痛い!というイメージが強いですが、当医院では、なるべくお痛みの感じない治療を心がけています。

 

根管治療(歯の内部の治療)

歯の内部には歯髄と呼ばれる神経が存在しています。
虫歯が進行し、歯髄にまで虫歯菌が感染してしまった場合は、歯髄を取り除き、歯の内部に侵入した細菌をきれいに除菌する必要があります。
これを根管治療と呼びます。

根管治療は通常のエナメル質や象牙質にできた虫歯治療に比べ、とても難しい治療となります。
根管はとても細く細かく、また、複雑に分岐しているうえ、人間の肉眼できちんと見ることのできる大きさには限界があるため、根管の内部をきちんと除菌することは、歯科医師にとって、精密性の要求されるとても難易度の高い治療になります。

 

マイクロスコープを使用した精密な根管治療

当院では、根管治療を行う際に、マイクロスコープを用いることで、患部を拡大しながらの精密な治療を行っております。
肉眼ではわからないような複雑な歯根内部の構造でも、マイクロスコープで拡大することにより、内部構造を正確に把握することができるようになります。
これにより、虫歯菌が感染した箇所を見逃すことがなくなり、また、余剰に歯を削りすぎることもなくなります。

マイクロスコープを使用することで、より精密で正確性の高い根管治療を行うことができます。

 


根管治療の流れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫歯や以前の不完全な治療により、歯髄にまで菌が感染してしまいました。症状が進むと、根管の根元の部分に膿がたまってしまいます。   根管治療を始める前に、まず虫歯が出来てしまった部位を削ります。   菌が感染してしまった歯髄を除去します。これを抜髄と言います。  
           

 

 

 

 

 

 

 

 

 
根元の奥の膿を除去します。
次に歯の内部の感染部位を少しずつ丹念に削り病巣を物理的に除去していきます。
  消毒薬を入れて蓋をし一週間程度様子をみます。
除菌が終われば次のステップに進みますが、完全に除菌できていない場合は、再度、感染源の除去と薬による除菌を行います。
  歯の内部の清掃が完了したら、歯の強度を増すために土台(図の灰色の部分)をつけます。
土台の上に天然歯と似た形をした歯のかぶせものをして治療完了となります。
 

歯の内部の清掃が完了するまで患者さんは何度も歯科医院に通わなくてはならないケースが多く、頑張って治療に来ていただいても完全に菌を取り去ることができるかどうかは不確定です。
根管治療は、患者さんにとっても歯科医師にとっても、とても根気のいる治療です。
もしも虫歯ができた際は、できるだけ虫歯が歯髄にまで達する前に、歯科医院へ来院するようにしてください。