練馬区の歯医者【山室歯科医院】練馬駅・新江古田駅 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・口腔外科

小児歯科
Child Dentistry

小児歯科:一男三女の母親の院長自身が行う治療

小児歯科乳歯はいずれ抜けてしまいます。だからと言って虫歯を放っておくと大変なことになります。

ちゃんと噛めないと発育の妨げになります。
大人になってからの歯並びにも悪影響を与えます。
分かっていても泣かれるのもいやだし、下の子を連れていくのも大変!ですよね。

当医院では怖がるお子さんを無理なく、治療が終わった後も嫌がることなく再来院できるようにゆっくりお子様のペースに合わせて治療するよう心がけています。

また、最近働くお母さんが増え、なかなかお子様の治療に付き添うことができない方もいらっしゃいます。
そのような方には、デンタルノートを作り、おうちの方とコミュニケーションがとれるよう心がけています。

 

私自身も一男三女の母親です。
まだ、育児中ですが、その経験を生かしてお子様の治療をしております。
又、大人同様お子様の歯も虫歯にならないよう予防に力をいれております。
丁寧に歯ブラシ指導もいたしております。

 

フッ素塗布について

フッ素には、歯の再石灰化を促進して虫歯に強い歯質をつくる性質があり、歯科治療においては虫歯の予防処置に用いられます。

当歯科医院では、歯科医師または歯科衛生士がフッ素を直接歯に塗るフッ素塗布を行っております。

 

虫歯に強い歯質をつくる

歯の表面にあるエナメル質を、虫歯菌の出す酸に対して溶けにくい性質にします。

 

歯の再石灰化(再生)を促進

歯から溶け出してしまったリンやカルシウムなどの再付着(再石灰化)を促進してくれます。

 

虫歯菌の働きを弱める

虫歯菌の働きを弱め、歯を溶かす酸の放出を減少させます。